憐の備忘録

憐の備忘録

徒然なるままに。

ブログを始めて半年が経ちました。

こんばんは。憐です。

 

本当は別の記事を更新しようと思っていたのですが、急遽予定を変更してお送りします。

 

昼頃、はてなブログからメールが届きました。

 

いつもの“はてなスター”レポートかな?

...と初めは思ったのですが、何やらいつもと様子が違います。

f:id:Renren0116:20171222211444p:image

憐の備忘録 を開設して半年が経ちました

 

この文を見てすぐに理解しました。

というのも、私自身、今月下旬に開設半年を迎える事は覚えていましたし、気にしてもいました。

 

ただ、一番初めに投稿した記事を見てみると、投稿日時は6月23日になってるんですよね...。

てっきり明日で開設半年を迎えるつもりでいました(^_^;)

 

aeonbibouroku.hatenablog.com

 

まぁ、迎えてしまったものは仕方ありません。

予定を変更し、今慌ててこの記事を書いている訳です。

 

さて、本題に入ります。

開設半年を迎え、色々書きたい事はあるのですが、出来るだけ簡潔に書きたいと思います。

 

元々文章を書く事が苦手で、もの続きの悪い私が、なぜ半年もの間、ブログを続ける事が出来たのか。

 

自分でも驚いている、というのが正直な感想です。

 

いつしか、“ブログを始めた人の30%は最初の3ヶ月でやめる”と読んだ事があります。

いつどこで読んだのかは覚えていませんが、私はそれを読み、クオリティはあまり気にせず、とりあえず更新し続ける事を目標にしました。

そういえば自己紹介文にも「難しく考えないこと。」と書いてありますね(^_^;)

 

まだたった半年ですが、私にもブログをやめようかと悩んだ時期がありました。

周りにいるブロガーさん達がどんどん成長していく中で、自分だけ置いて行かれているような錯覚に陥りました。(錯覚でも無かった訳ですが...)

 

それでも、最低でも1月に1記事は更新するようにしていました。

そして今に至ります。

 

「そりゃ続くだろ!」

...と思った方もいるとは思いますが...思いますが...ますが...。

 

いや...そうですよね(^_^;)

 

例え半年続いていても、中身が薄ければ意味が無いですもの。

私生活の都合もありましたが、来年はもっとブログに打ち込みたいです。

 

書いている内に何を書いているのか分からなくなりましたが、もういつもの事なので慣れました(^_^;)

 

こうして特にルールを気にする事なく、自由に文章を書ける事がどれだけ楽しい事なのかは、ブログを始めてみるまで想像もつかない事でした。

 

この楽しさを忘れずにこれからもブログを更新したいと思いますので、今後とも、憐の備忘録をよろしくお願いします。

  

それではまた。