憐の備忘録

憐の備忘録

徒然なるままに。

一時的なものから長期的なものへ。ブログのアクセス数を継続的に増やす工夫。

こんばんは。憐です。

 

9月に入ったと思ったら、もう1週間が過ぎていました。

学生にとってこの時期は、文化祭や体育祭といった大きな行事が重なり、忙しくなりがちですよね。

 

私も夏休みペースのまま登校していたら、どうやら体調を崩してしまったようで...(^_^;)

 

 

さて、今日はちょっとしたお知らせがあります。

 

ブログの方針変更

夏休みが明けてから約1週間の間、ブログの更新が滞っていました。

 

 

原因は、多忙。

 

しかし、こればかりはどうしようもないんですよね。

部活動も係も、全て自分でやると決めたことなので...。

 

これらを怠らずに、尚且つブログの更新も続けていく工夫が必要そうです。

 

そこで考えたのがこちら。

 

量→質

 

更新頻度を下げる代わりに、1つ1つの記事の質を上げる...という事です。

 

夏休み中は時間に余裕があったので多くの記事を更新できましたが、平日はそうも行きません。

 

ここ1週間ほど、ブログの更新どころか、パソコンにすら触れられていないという状況です

 

しかし、新たな、興味深い発見もありました。

 

繰り返し読まれる記事を目指す

なんと、記事を更新していないのにも関わらず、毎日2桁もの人が私のブログに訪れているのです。

 

一体何故だろう...。

 

不思議に思った私は、googleアナリティクスを見てみることに。

 

そして、重大な事に気づきました。

 

 

この期間に読まれたのは、ほとんどゲーム以外の記事だったのです。

 

記事を更新しない間に、私自身がSNSなどでシェアすることはありません。

つまり訪れた人のほとんどが、自身で検索した...ということになります。

 

 

例として、「バンドリ」カテゴリーの記事を挙げてみます。

現在、私のブログの中で一番多いのが、「バンドリ」カテゴリーの記事です。

 

aeonbibouroku.hatenablog.com

※「バンドリ」を知らない方は、ソーシャルゲームの1つだと考えていただければ大丈夫です。

 

どの記事も最新のイベントの情報ガチャの結果報告といった、あくまで"一時的な記事"であることが分かります。

 

こういった記事は、例えばイベント中など、その情報を必要とする人が多いときには需要があります。

 

逆に、旬が過ぎてしまえば、もうその記事の需要はなくなってしまうわけです。

 

 

今回読まれていたのは、それ以外の記事。

 

コーンアレルギーの話や、ブログ運営に関する記事が当てはまります。

これらの記事の共通点は、いつ読んでも大丈夫だという事。つまり、"長期的に読まれる記事"だというわけです。

 

 

更新できる数が少ないなら、1つ1つの記事の質で勝負するしかありません。

 

...というわけでこれからは、更新頻度を下げ、その代わりに長期的に読まれる記事を目指したいと思います。

 

最後に

まとめると、

  • 更新頻度を下げる。
  • 一時的な記事ではなく、長期的に読まれる記事を増やしていく。

 

こうして積み上げていった記事は、後々も大きな戦力になるはずです。

  

最後に、どんなに忙しくなっても、ブログをやめるつもりはありません。

どんな状況であれ、しっかりと対応していければと思います。

 

それではまた。